ダイヤモンドはステータスの一つ

日本のバブル期においてダイヤモンドは一つのステータスや資産とされ、需要があり世界中からダイヤモンドは日本に輸入されました。なので、もしかすると自分の両親や祖父母の遺産としてダイヤモンドがあるかもしれません。ダイヤ、宝石に興味がなく質屋に出してもいいと思っているのであれば、今が売買のもっともよいタイミングになります。なぜならば、中国市場でダイヤモンドの需要が高まり需要が供給より高いため価格が高騰しているのです。ダイヤの買取業者に鑑定の依頼をしましょう。ダイヤの鑑定の基準として、相場価格を決定するために世界中のダイヤモンドの品質を統一して評価する基準「品質評価国際基準」があります。評価基準として、重さ、輝き、色、透明度があります。基本的にこの4つの評価基準を基にして鑑定をするので、どこの買取業者に買取鑑定を依頼しても大体同じような鑑定価格になります。ただ、中国市場で需要が高まりダイヤの価格が高騰しているので。今しかつかない高価格で売買できます。

ダイヤモンド大将