ダイヤモンドは元気の大きさで価値が決まる

ダイヤモンドは宝石として有名であり、地球上でもっとも固い物質と言われています。ダイヤモンドの原石はキンバーライトという火成岩からとれるが、1kg採取するために、5300tもの自然原料が処理されています。ダイヤモンドの採掘は1867年にキンバリーと呼ばれる地域で採掘がはじまったほか、硬さなどから工業製品にも使えないかということで人工ダイヤの研究が19世紀末から行われてきたが、人工ダイヤの作成に成功したのは1955年です。ダイヤはまず原石の大きさで価値が決まります。そして原石を美しく見せるためにブリリアントカットという研磨加工を行います。加工の際もっとも美しく見せる削り方をするために元の原石より大きさが小さくなることがあります。そして指輪などのアクセサリー等に加工します。世界一大きいダイヤモンドのことがたまに話題になりますが、現在世界一大きいダイヤは、タイ王室に献上された、ゴールデンジュビリーで、545.67カラットで重さは109.13gもあります。また世界2位と4位のダイヤモンドは原石の大きさが、一番大きいことで知られる、カナリンという原石を加工しています。

ダイヤモンド大将