ダイヤモンドは女性の憧れ!ダイヤの大きさは何で分かる?

世界中の女性の永遠の憧れ、ダイヤモンド。一口にダイヤと言ってもその価値は様々ですが、どのような基準で評価されているのでしょうか。一般的にダイヤモンドの品質は「4C」と呼ばれる基準で表されます。これは、Cut(カット=輝き)、Carat(カラット=重さ)、Color(カラー=色)、Clarity(クラリティ=透明度)の4つの頭文字を表したもので、G.I.A.(米国宝石学会)の品質評価国際基準に基づくものです。ダイヤモンドの魅力の中で、素人目でも最もわかりやすいのが「大きさ」です。ダイヤの大きさは「4C」のうちの「カラット」で判断することができます。カラットは重さの単位で、1カラット=0.2グラムに当たりますが、大きさも重さに比例してくるので目安とすることができます。ちなみに、婚約指輪のダイヤモンドでは0.3カラット前後が人気と言われています。0.3カラットはそれほど大きなダイヤではありませんが、女性の指に嵌めたときのバランスが良いとされています。

ダイヤモンド大将